まこっちゃんのそれなり日記

30代男が本とか映画とか音楽とか旅行とかについて書きます

1人暮らし初心者が気を付けるべき、暑い時期の室内トラブル

5月も中旬になり、4月から一人暮らしを始めた方々は、そろそろ家事にも慣れてきた頃でしょうか。

 

しかし、これからの暑い時期は、なお一層身の回りの管理を徹底していかないと、思わぬトラブルに直面してしまう可能性があります。

f:id:vn4r9x:20190510190517p:plain

今回は、一人暮らしを10年以上やってきたズボラな私が実際に体験したことをもとに、夏場に気を付けたい室内トラブルについて書いていきたいと思います。

 

 

 

食べ物が悪くなりやすい

気温や湿気が高くなれば、食べ物が腐るのが早くなるというのは誰でも知っているでしょうが、実際、どれくらいの期間で、どの程度悪くなるのかは、今まで家事などをせず、食品の管理などをしてこなかった人には分からないものです。

 

例えば、香辛料が入っているクセに、カレーなんかはすぐ悪くなります。

私は夏場にカレーをそのままコンロの上に置いてたら、一晩で変な臭いがするようになりました。(食べましたけど)

 

単身用の冷蔵庫って小さいので、鍋に入ったカレーはついついしまわずに出しっぱなしにしちゃうんですよね。

 

また、ペットボトルに入った飲料なんかも要注意です。

特にペットボトルに口を付けて直接飲むような方は、絶対冷蔵庫に入れて、できるだけ早めに飲みましょう。

 

私はペットボトルのお茶を直接飲んで、冷蔵庫に入れずに4~5日ほど置いていたら、お茶の中に「藻」のようなものが発生していました。おそらくカビだったのでしょう。

 

さらに、野菜も要注意です。

シンク下に入れておいた白菜が、腐るのを通り越して、液状化してドロドロになっていました。しばらく臭いがとれませんでした・・・。

 

夏場はとりあえず、何でも冷蔵庫に入れて、早めに食べてしまうのが無難です。

 

 

カビが生えやすい

食べ物に関してもそうなのですが、お風呂場など湿気が溜まりやすい場所にはカビが生えやすくなります。

 

とくに、アパートなどのお風呂には窓が付いていないことも多く、なかなか換気することもままならないです。

毎日マメに掃除すればいいのですが、なかなか毎日は難しいという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで応急処置として、ご自身がお風呂に入った後にシャワーでお風呂場の壁や床に冷水をかけて、お風呂場全体の温度を下げておきましょう。カビの発生速度を和らげることができます。

 

また、壁面に残った水滴などをとっておくとなお良いです。

拭き取るのは大変なので、ここでは洗車の時に使うような水切りワイパーが意外と活躍してくれます。お風呂から上がる際にサッとやっておくといいです。

一応、お風呂用のワイパーもあるのですが、洗車用の方が長くて使いやすいです。

 

 

お風呂場以外の所にもけっこうカビが生えたりするので、要注意です。

以前書いた記事で、湿気取りグッズのことも紹介してますので、ご参考ください。

 

www.makocyan-vn4r9x.com

 

 

虫が増える

個人的にはこれが一番イヤでした。

夏になると、あの黒いヤツが出るんですよ。

しかも、東京にいるヤツってけっこうデカイですよね。

 

ワンルームだとさらにキツイです。

ヤツらを退治しようと、殺虫スプレーを使ってしまうと、あの有毒感満載の臭いが充満してしまいます。そしてワンルームだとその部屋で寝ざるを得ません。

 

虫が死ぬんですから、人体に全く影響が無いわけはないです。

やっぱり喉とか痛くなりました。

 

なので、できればゴキブリが出てこないように、部屋の掃除をマメにして、餌になるホコリが無い状態にしておくと良いです。

加えて、ヤツらの侵入経路としては、人が出入りする時に一緒に入ることが多いそうなので、ドアの周りなどに殺虫スプレーを吹き付けておくと侵入しにくくなります。

 

また、ドアの上などに外灯がついている場合、その光めがけて虫が集まってきます。

仕事から疲れて帰ってきたら、ドアに巨大な蛾がへばりついていて、しばらく部屋に入れなかったことがあります。(ゴキブリ以上に蛾が苦手な私です)

 

この場合もドアに殺虫スプレーを吹き付けておくと、寄って来ないか、来ても死んで下に落ちてます。

 

 

まとめ

夏場のこういったトラブルは、単に不快だというだけではなく、食中毒などを起こしてしまう危険性もあります。

カビが多いような環境も、あまり人体には良くないようです。

 

暑くて掃除なども億劫になってしまう夏場ですが、なるべく清潔にしておくことで、余計なトラブルを回避できるというものです。

  

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村