まこっちゃんのそれなり日記

30代男が本とか映画とか音楽とか旅行とかについて書きます

そこそこ交通量があるのに信号機がない交差点にはなぜ信号機がないのか

先日、ニュースでかなり見通しの悪い交差点の特集をやっていました。

 

住宅地の中にあるその交差点は、一時停止の標識はあるものの、周りに民家があるため見通しがかなり悪く、ミラーもあまり役には立っていないような状態でした。

 

しかも、その道路はあまり大きな道路ではないのですが、近くの国道が混雑しているため抜け道として使う車が多く、交通量はかなり多めのようです。

 

結果、事故が頻発する魔の交差点になってしまったのでした。

交差点の角に建っている家では、衝突した車が突っ込んできて門や塀が壊されたということが5~6回あるということでした。

 


【魔の交差点】減らない事故!またしても・・・TV放送から僅か4日【自宅防犯カメラ】

そのニュースを見て「信号付ければいいじゃん」と思ったのは私だけではないはずです。

f:id:vn4r9x:20190428171749j:plain

しかし、このような「危険なのに信号がない交差点」は日本全国にあります。

なぜ、そういった交差点に信号が設置されないのでしょうか。

 

 

信号機の設置基準

信号機の設置については、警視庁が定めた全国的な基準があるようです。

 

歩行者が安全に信号待ちできる場所が確保できることや、交通量の定めなど、全てに該当しなければならない必要条件が5つ、信号機以外の方法で事故抑止ができないと認められることや、児童や高齢者の利用する施設が近くにあることなどの、どれか一つに該当しなければならない択一条件が4つあり、条件に該当しなくなった信号機に関しては廃止の検討をしなくてはならないとのこと。

www.keishicho.metro.tokyo.jp

 

加えて周辺住民の反対などがあった場合には設置を見送ることもあるようです。

この動画の交差点に関しては、「歩行者の信号待ちスペースの確保」が難しいため、信号が設置できないのかもしれません。

 

 

信号機の値段

信号機の設置にかかる費用や、電気代は各都道府県警が払っているようです。

つまりは税金になるので、そのへんの兼ね合いで設置が難しいケースもあるかもしれません。

 

ちなみに信号機の設置費用は、通常の定周期信号機が約470万円、押ボタン式信号機は役270万円らしいです。

自動で変わるタイプと押して変わるタイプでここまで値段が変わってくるんですね。

 

まとめ

今回、いろいろと調べるまでは、「もしかして信号機設置場所を調査する職員が、危険な交差点を見落としてるんじゃないの?」とか思ってましたが、やはり一定のルールに基づいて設置するか否かを決めていたんですね。

 

しかし、信号がないが故に事故が起きてしまっている交差点が多いのも事実です。

その辺は、実態を確認してうえで、臨機応変にやってもらいたいものですね。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
全般ランキング