まこっちゃんのそれなり日記

30代男が本とか映画とか音楽とか旅行とかについて書きます

DIYでの事前準備の必要性

人生初のDIYでベンチを作成中の私の前に、またもやアクシデントという名の壁が立ちはだかりました。

 

こんにちわ、まこっちゃんです。

 

本日は前回に引き続き、ベンチに脚を付ける工程です。

前回、二枚の木材にボルトを回し入れる際に、板と板が離れていってしまうという全くもって誰も想定できないであろうアクシデントに見舞われ、作業を中断。

 

今回はF型クランプなる道具を買って、満を持しての作業再開です。

f:id:vn4r9x:20190326192132j:plain

こいつでしっかり挟み込んで、嫌というほどボルトをねじ込んでやる。

 

f:id:vn4r9x:20190326192800j:plain

抜かりなく、ボルトを最後までねじ込んでやった。

もちろん板と板が離れようハズがない。

素晴らしきFクランプ!これから長い付き合いになりそうだぜFクランプ!

 

あとはボルトにナットを締めて、しっかり固定すれば完璧だ。

 

しかし、次の瞬間、私の眼に信じられない光景が飛び込んできた。

 

f:id:vn4r9x:20190326195629j:plain



ボルトが・・・短い・・・

 

いったい誰がこのような事態を想定できたであろう。

 

一番負荷がかかる場所だからナットを締めずこのままというのは不安が残る。

 

不本意ではあるが、やはり新しいボルトを買ってくるしかない。

 

ならば今はできることをやるしかない。

 

まずは他の脚のボルトをねじ込む場所に穴を空けることにする。

 

電動ドリルでキュルキュルやっていると、またしても不足の事態が・・・。

 

f:id:vn4r9x:20190326201701j:plain

 

・・・ご覧のとおりです。

 

まあそんなこんなで、今回は「ボルトが短かった」「ドリルが折れた」とトラブルが続いてしまい、またもや作業が中断してしまいました。

 

やはり事前準備をしっかりしておかないと、なかなか作業が進まないですね。

 

ボルトはちゃんと必要な長さを確認していたつもりでしたが、大失敗でした。

ボルトみたいなものはDIYを続けていくうえで、たびたび使うことになる物かと思いますので、これからご購入の方はいくつか違う長さのものを買い揃えておくのもアリかと思います。

 

また、電動ドリルなどもよく使うので、ケチらずにそれなりの物を用意しておいた方が良いと思います。

今回の私のように「壊れて損した!」くらいならいいですが、こういった工具の破損はケガに繋がる危険もあります。

 

ちなみに、プロの友人に聞いたところ電動ドリルはマキタの物がオススメで、職人さん方もよく使っているとのことです。

 

マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V 1.3Ah バッテリー2個付き DF030DWX

マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V 1.3Ah バッテリー2個付き DF030DWX

 

 

はたして私のDIY第一作目はいつになったら完成するのやら・・・。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村