まこっちゃんのそれなり日記

30代男が本とか映画とか音楽とか旅行とかについて書きます

「メメント・モリ ~死を想え~」が共感できるような、できないようなそんな本だった

「メメント・モリ ~死を想え~」という本があります。 この本は作家で写真家の藤原新也という人が1983年に刊行して以来、長年に渡り現代人のバイブルとして多くの人に読まれてきた写真詩集です。 私は高校生くらいの頃に初めてこの本の存在を知り、気に…

昔からある世界の日本人ジョーク、現在の日本にも当てはまるか?

「世界の日本人ジョーク集」という本があるのをご存知でしょうか。 2006年に発行されたこの本、当時はけっこう話題になり、2009年には第二弾の「続・世界の日本人ジョーク集」も発行されました。 内容は、世界中にある日本人が出てくるジョークを挙…

本を読むには紙媒体か電子書籍か

私は本が大好きで、自室には漫画なども含め、大量に本があります(まだ読んでない本もありますが)。 大量の本に囲まれていると、部屋に人を招いた時に一目置いてもらえそうすぐに本を手にとり読むことができ、その本の中にある知識を取り入れることができま…

文豪たちの名作を究極にざっくりまとめてみた

太宰治「走れメロス」・・・メロスが走る話。 太宰治「人間失格」・・・恥の多い人生の話。 川端康成「伊豆の踊子」・・・伊豆に行く話。 川端康成「雪国」・・・温泉に行く話。 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」・・・銀河に行く話。 宮沢賢治「注文の多い料理店」…

長期戦は百害あって一利なし

たまに自己啓発的な小ネタを書いておけば、賢い人に思われそうなので、そんなのを書きます。 といってもほぼ本からの引用ですが。 今回は「孫子の兵法」から。 【図解】超訳 孫子の兵法 作者: 許成準 出版社/メーカー: 彩図社 発売日: 2012/05/25 メディア: …

現代のサメもたまらん

「マツコの知らない世界」でサメの特集やってましたね。 出演者の人の本持ってました。 ほぼ命がけサメ図鑑 作者: 沼口麻子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/05/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 先日、古代海…